採用TOP > 岡部工業とは

 昭和6年の創業から現在にいたるまでの岡部工業の歴史をご紹介いたします。お客様や岡部工業で働く社員、関係者の皆様に長年支えられた結果、今の岡部工業が存在しているかを知っていただくことで、少しでもご理解を深めていただければ幸いです。

創業は現在の東京都大田区、

 岡部工業は昭和6年(1931年)に東京都蒲田区(現在の東京都大田区)にて産声を上げました。創業当時の会社名は「合資会社岡部製作所」で、初代の代表取締役社長として岡部秋太郎がその立ち上げを行いました。その後、戦争の激化と共に戦時疎開として本社工場を群馬県桐生市に移転、その後、昭和24年(1949年)に現在の社名である「岡部工業株式会社」に変更しました。また、桐生市に戦時疎開を行っていた当時より、現在でもメイン取引先となっている沖電気工業株式会社様(東証一部上場)からの加工部品発注をいただき、その後、事業拡張に伴い昭和25年(1950年)に伊勢崎市東町(現在の中央町)に本社および工場を変更設立しました。

事業拡大と地元・伊勢崎に根ざしたものづくり企業へ

 戦後の経済復興と共に昭和28年(1953年)東京都大田区に東京工場、群馬県富岡市に富岡工場を設置、昭和37年(1962年)には受注の増加、業務拡大により富岡工場から高崎工場に移転しました。さらなる発展によって昭和48年(1973年)、伊勢崎市北部の郊外に赤堀工場を設立しました。その後、業務効率化のために高崎工場は赤堀工場と合併し、工場を拡大していくのですが、NCTラインやNCベンダーなどの数値制御による自動化・機械化を時代に先駆けて導入しました。その後もプレスロボットラインやレーザープレス加工機、ベンダーロボットなどの最新設備を次々と導入して生産性を大きく向上させることによって、他社の追随を許さない板金加工における最先端技術を持つ企業と成長していきました。

グローバルものづくり企業へ

 1980年から2000年にかけて自動化された板金生産ラインの構築をはじめ、生産管理システムや社内LANの構築の導入、社内養育制度を導入しすることで 『IT化』 『高生産性』 『人財育成』 の整備を進めていきました。日本の高いものづくり技術を誇る岡部工業は、平成14年(2002年)に「岡部工業(香港)有限公司」 を香港に設立、平成15年(2003年)に深圳に自社工場である 「岡部工業(深圳)有限公司」を設立しました。伊勢崎に本社工場を持つ当社ですが、グローバル市場開拓の足掛かりとして中国進出を達成し、岡部工業の中国工場で作られる製品は中国全土で使用されています。平成24年(2012年)には西安に 「岡部実業(西安)有限公司岡部工業」 の操業が始まり、中国だけではなくアジア圏に拡大させていく計画です。

これからの岡部工業が目指すもの

 中国にも拠点を持ち、現在、中国工場のスタッフは600名を超えています。今後はアジアだけではなく、全世界に岡部工業の製品を供給すべく前進しています。しかし、ものづくりの中心拠点はあくまで日本であると考えています。"ものづくり立国・日本" で生まれる高度な技術、培われたノウハウが世界を支えています。岡部工業はこれからも成長しグローバル世界で戦っていきますが、本社のある伊勢崎をメイン拠点として日本のものづくりを支えながら地域貢献、地域活性を実現させていきます。ものづくりが好き、地元・伊勢崎が好き、新しいことに挑戦することで成長したい、そんな志を持つメンバーと共に岡部工業は進化し続けていきます。

岡部工業をもっと詳しく知りたい方は、下記の”社長挨拶”、”先輩社員の声”も是非、ご覧ください。