筐体を 設計・製作・組立 まで一貫対応 | 岡部工業株式会社
  • HOME »
  • 会社案内

会社案内

ここでは岡部工業の基本情報、沿革、経営理念などをご紹介しております。

創業来の理念

我、岡部工業は創始者の精神、1.顧客第一主義
              2.進取の精神
              3.従業員の和
をモットーとし、限りなき誠意、熱意、創意を信条とする。

  岡部工業は、お客様に有難がられる会社でなくてはならない。
  岡部工業は、社会のためになる会社でなくてはならない。
  岡部工業は、社員が誇れる会社でなくてはならない。

会社概要

称号 岡部工業 株式会社
会社役員 代表取締役社長   岡部 浩章
取締役       手島 弘
取締役       榎 登紀枝
監査役       榎 良一
事業所一覧 [ 本社工場 ]
〒379-2213 群馬県伊勢崎市五目牛町651
TEL : 0270-23-2111
FAX : 0270-23-2113
[ 中国工場:岡部工業(深圳)有限公司 ]
中国広東省深圳市宝安区福永街道鳳凰第一工業区華源三期廠房A幢
FengHuang Indastrial Zone,FuYong,Zhen,BaoAn,ShenZhenCity,Guangdong,China
TEL : +86-755-27337650
FAX : +86-755-27337649
[ 中国工場:岡部実業(西安)有限公司 ]
中国陝西省西安市高新区草堂科技産業基地秦岭大道西2号科技企業加速器5号1C
5#1C Science and Technology Enterprise Accelerator,QinLing Road No.2,
XI'An Hi-Tech industries Development Zone
TEL : +86-29-65660001
FAX : +86-29-65660002
[ 中国販売拠点:岡部工業(香港)有限公司 ]
香港新界上水龙琛路39号上水广场21楼2113室
Room 2113,Level 21 Landmark North.,39 Lung Sum Avenue,Sheung Shui,
New Territories. Hong Kong
TEL : +852-3520-4228
FAX : +852-3520-4229
創業 1931年6月8日
資本金 35,000千円
従業数 120人(男性100人、女性20人)
※ 岡部工業 株式会社のみの従業員数
事業内容 板金加工、精密板金加工
板金部品を中心にした製品の設計・製造・組立
主な生産品目:ATM筐体・精密板金加工・その他板金溶接組み立て品
取引銀行 中小企業金融公庫
東和銀行
群馬銀行
桐生信用金庫
系列会社 オカベテック 株式会社
株式会社 大倉コンピュータ
株式会社 大珠
株式会社 丸新

沿革

1931年 (昭和6) 東京都蒲田区(現在大田区)に於いて、合資会社岡部製作所を設立。
1943年 (昭和18) 戦時疎開により桐生市に工場移転。
沖電気工業(株)並びに日本国有鉄道よりの発注部品を製作。
1949年 (昭和24) 事業拡張の目的をもって岡部工業株式会社に変更設立。
1950年 (昭和25) 伊勢崎市東町(現在中央町)に本社及び工場を建設移転。
1953年 (昭和28) 東京都大田区に岡部工業(株)東京工場、及び金型製作の受注増に伴い富岡工場を設置。
1962年 (昭和37) 受注増加対応と将来的事業拡張を併せて富岡工場を閉鎖し、高崎工場を設置。
1964年 (昭和39) 高崎工場を分離昇格して岡部工具株式会社を設置。
1968年 (昭和43) 岡部塗工(株)を新規に設立し、高崎に塗装工場を建設。
1973年 (昭和48) 伊勢崎市北部の郊外(赤堀村)に赤堀工場を設置。
1976年 (昭和51) 赤堀第2工場を増設。NCTライン及びNCベンダー、パワープレス等大幅導入し、生産部門設置。
1978年 (昭和53) 高崎工場を赤堀工場へ合理化移転。
1983年 (昭和58) 赤堀第3工場を増設。プレスロボットラインによるプリンター部品の量産部門設置。
1984年 (昭和59) NCTターレットパンチプレスの増設と全自動化体制を確立。
1988年 (昭和63) レーザープレス加工機を導入。
1989年 (平成1) 付加価値管理を開始。
1990年 (平成2) ベンダーロボットを導入。
1991年 (平成3) 新事務所(3階建)完成。
1992年 (平成4) 生産管理システム入替:バーコード管理開始、オカベテック(株)を設立。
1993年 (平成5) 設計部門新設。社長現社長に交替。
1994年 (平成6) 一貫生産体制を構築。
1995年 (平成7) 組立工場(400坪)完成。
1996年 (平成8) 自社製品カサポリオート開発。
1997年 (平成9) 板金工場レイアウト替え。NCTライン追加。
1998年 (平成10) 自動NCTライン入れ替え。工場内LANを構築。
1999年 (平成11) 生産管理システム(POPS)入れ替え。
2000年 (平成12) 社内教育制度を整備。
2001年 (平成13) 情報の統合化。POPS端末増設。3DCAD導入。中国・任達電器と業務提携。
2002年 (平成14) 経営革新法取得。中国・香港に現地独資法人「岡部工業(香港)有限公司」設立。
2003年 (平成15) 日本・レーザー加工機、NCT(EM2510NT)、130tonプレスブレーキ 増設。

中国・深圳市に床面積4800㎡の工場確保。

2004年 (平成16) 岡部工業(香港)有限公司深圳華馳板金(ATM)加工中心」設立。
2005年 (平成17) 中国岡部深圳の工場拡張(会社床面積9600㎡)、設備増強:NCT(EM)1台、ベンダー2台。
2006年 (平成18) 人業務拡大に伴い、『岡部精工(深圳)有限公司』設立。
2007年 (平成19) 中国9001ATM筐体月産1000台体制構築、中国ATM金庫UL291認証を取得。
2008年 (平成20) 中国ATM筐体月産1300台体制を構築。
2009年 (平成21) 日本・Co2ロボット溶接機 を導入。

中国ATM筐体月産1800台体制を構築。

2010年 (平成22) 日本・プレスブレーキ  HDS1303 増設。

中国ATM筐体月産1800台体制構築、ISO9001認証を取得。

2011年 (平成23) 日本・新生産管理システム(POPS-V2)稼動開始。

中国新工場の建設着手、EN1143認証ATM生産開始。

2012年 (平成24) 日本・ISO9001認証取得。

中国ATM生産4000台体制構築、岡部実業(西安)有限公司操業開始。

2013年 (平成25) 日本・NCT(EM2510NT)1台、汎用スポット機7台、バリ取り機1台を導入。

岡部工業(深圳)有限公司工場を移転。

2014年(平成26) ACIES複合機 1台、ファイバーレーザー溶接機 1台を導入。
2015年(平成27) ファイバーレーザー溶接機 2台、大型プレスブレーキ HG8025、HG1303を導入。
 2016年(平成28)  ACIES複合機 1台、ファイバーレーザー溶接機 1台を増設。
 2017年(平成29) ソリューションサイト:筐体設計・製造.COM | 大型製缶板金加工専門の総合技術専門サイトを新規製作WEB公開。
2018年(平成30) Tigロボット溶接機 1台を導入。コーポレイトサイトをリニューアル。

取引先実績

沖電気工業株式会社
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
富士通フロンテック株式会社
日本エアーテック株式会社
株式会社大栄製作所
JUKI株式会社
株式会社IHIエアロスペース
芝浦梱包運輸株式会社
株式会社デュプロ
不二ライトメタル株式会社

アクセス

本社工場

QR_Code_map
〒379-2213
群馬県伊勢崎市五目牛町651

JR両毛線、東武伊勢崎線 伊勢崎駅より車約10分
北関東自動車道 伊勢崎ICより車で5分

TEL : 0270-23-2111
FAX : 0270-23-2113